2017年04月03日

フォトハウスの歴史-5-

120scan1511100061.JPG
 <通年制写真講座の開発>
 1988年10月には具体的に「フォトハウス資料室」を開設しますが、1985年には、フォトハウスワークショップとして培った写真講座を、通年のプログラムとして実行しようと生徒募集を行っています。その案内から転載します。
<フォトハウスは今までに起こった写真についての運動を総括した中から成立してきました。フォトハウスは、今までに在り、なおかる現在もって存在する学校形式および団体がおこなってきた写真に対する制作態度の細部にわたる反省から成立しています。フォトハウスは、それ自体で世界に完結する機関として存在しているところですが、ここにこの理念を受け継ぐべきより多くの人材輩出に向けて、フォトワークショップを開講するところです。また、現在および将来、日本の写真界を中軸となって担っていく人材の輩出を目的とします。また、現在および将来、世界へ飛び立っていくことを目指す人はここに集い、共に学びあい、たえざる学習を通じて自立していきたいと考えます。フォトワークショップでは、将来、専門家として自立していけるに必要な技術と理論を学びます。俗にある教養講座ではありません。皆さんの積極的な応募を待っています。>

 さて、オリジナルプリント制作の技術ノウハウと、どのような写真を撮るかというコンセプトを生み出すワークショップを企画します。技術ノウハウは三段階のステップアップ。基礎編、実践編、応用編、このステップアップを通年のプログラムとします。コンセプトを紡ぎ出す制作ノウハウも三段階ステップアップ。自分のテーマをみつける、展開する、作品集にまとめる、これをワークショップ形式で月に一回ペースで実施していく、というものでした。すでに二泊三日の日程でゾーンシステム講座を開講しており、写真基礎講座、写真史講座、ものつくりのためのエンカウンター講座、とすべて宿泊を伴ったワークショップです。これらの講座を通年のカリキュラムとして実施する計画でした。
 フォトワークショップの受講規定が残っているので転載します。
<資格:性別、年齢、そのほかの制限は一切ありません。手続き:所定の受講申込書を事務局に郵送してもらう。所定の受講料、このときは年間5万円。定員を越える応募があったときは、選考のうえ決定します。期間:一年を前期と後期に分け、開講日は別記に定めます。定員:総数10名、5名のグループ単位で学習します。>

 掲載した写真、お二人、左が平木収さん、右がアスタルテ書房の佐々木さん。お二人とも、もう物故者となられているところですが、第一次フォトハウスの立ち上げのころには、たいへんお世話になった方です。平木さんにおいては、フォトハウスに成熟する前から、懇意にしていただいて、東京とつないでもらっていました。平木さんは京都の淀が出身なので、京都人としても手厚く扱ってもらえた。また東松さんが中を取り持ってくれたのではないか、とも思っています。フォトハウス、ミーティングルーム&資料室オープンの時に参加してくれた人でした。またアスタルテ書房の佐々木さんにおいては、古物商の肩書でオークションなどで写真集を集めていただきました。もちろんお金はこちらが用意しているんですが、あれこれ壱千万円ほどを費やしたように思えます。資料室に蔵書の写真集などは、メディアショップでも、よく買っていました。さまざまなことが、第一次のフォトハウスが終わってからも、縁が続いていきました。追ってまた平木さん、アスタルテ佐々木さん、メディアショップ、思い出を書きたいと思っています。




posted by nakagawa at 09:02| 京都 | Comment(0) | フォトハウス歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする