2017年04月28日

表現すること-1-

120kyoto1704070005.jpg
会の名前を「表GEN研究会ph」としたことについてのコメントです。
「表GEN」とは「表現」ということで、この表現とは何ぞやという問いかけです。
問いかけて、答えをみつけていこう、とするのが、この会の基本姿勢です。
いうまでもなく表現とは使い古された言葉で、自明の理、的なところがあります。
この表現ということについて、個人が考えて、議論の場にしていこうと思うのです。
現代分類されるジャンルは、五つの領域、写真、映像、絵画、音楽、文学です。
それぞれの領域について、様々な技術的な手法と展開の方法が見出されます。
それは、芸術やアートといった枠をこえ、人間の生きる行為のなかに見ようと思う。
自分の枠組みを拡大し、再編成し、自分と他者のこと、自分の方法論、を見つけよう。
矮小化された袋小路にではなく、大所高所からの視点を確保するために、です。
個別のことは、これからの研究会のなかで話題になってくることと思います。
ジャンルは問いません、新しい価値を創出することに興味を持たれる方。
ぜひ、会員または研究員に登録してください。
posted by nakagawa at 14:55| 京都 ☀| Comment(0) | 表現すること | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする