フォトハウス日記170919

120yama1709120020.jpg
フォトハウス表現研究所のホームページ
 もう最後の仕事になろうかと思っているところですが、フォトハウス表現研究所を、この9月1日付で設立しました。とはいっても法人格をもったわけではなく、実体はというとネット上にホームページを開設したというレベルです。自分史の中でいうと「フォトハウス」という名称を使いだしたのが1984年で、その後「フォトハウス京都」と改称して、形あるものとして「写真ワークショップ」の開催や「資料室の開設」などをおこなってきました。先駆的な動きを創ってきたと自負するところですが、その後の展開が個人的にできなくて、原形を提供する立場です。でも、これは、先駆的役割で、まだ見えにくい環境を創り出していくことだから、それなりに自分では評価しています。でもこれらは自己満足に過ぎなくて、二番煎じの組織がそれなりに名をはせていく結果となるわけです。

 2004年に「総合文化研究所」をネット上に創立し、情報発信の場として「むくむく通信社」をつくりました。テーマはグローバル化に対抗していく生活レベルの活動、とでも表現すればよろしいか、農作業などを推奨しています。農作業だけではなくて、そこには芸術という概念の見直し、組み換え、転換などを想定してのムーブメントでした。パンを焼き、コメを作り、野菜を育てる。食の問題は、反グローバル、地産地消、固有の文化保存など、そういう風潮が芽生えていることに着目して、アートの枠組みでとらえてきたところです。フォトハウス表現研究所では、フォトハウス表現塾の名前の塾的学びの場を創出しようと考えています。
(続く)


posted by nakagawa at 09:39京都 ☀Comment(0)日記

フォトハウス表現塾の開塾です-2-

120osaka1707290010.jpg

フォトハウス表現研究所のホームページ

フォトハウス表現塾がプレ開塾します。
2017年10月21日(土) 午後2時~午後5時
開塾場所は
〒660-0892 兵庫県尼崎市東難波町3-18-8
「アルナイル」 alnair
参加費、一般1000円、会員500円を徴収します。
討議テーマは「現代アートと写真の現在、その動向」です。
以下、討議テーマの予定です
「コンポラ展の時代1960年代から、そして今」 2017.11
「プロヴォーグの時代1970年代から、そして今」 2017.12
「柄谷行人著「日本近代文学の起源」を読む」 2018.1
「東松照明の軌跡とその周辺」 2018.2
「関西の写真史、1950年代以降、そして今」 2018.3

2017.10~2018.3までは、プレ開塾期間とします。
毎月第三土曜日、午後2時~5時を予定しています。
正式開塾は2018年4月を予定しています。
只今、表現塾の運営を担うメンバーを募集しています。
主宰は中川繁夫です

https://www.facebook.com/sense.nakagawa
この記事をフェースブックに連動させているので応募は☝ここから。
posted by nakagawa at 16:24京都 ☁Comment(0)表現塾

フォトハウス表現塾の開塾です

120osaka1707290015.jpg
フォトハウス表現研究所のホームページ
フォトハウス表現研究所が主宰する<フォトハウス表現塾>の開塾予定です。
この10月21日(土)に、尼崎市においてプレ開塾します。
テーマは<現代アートと写真の現在、その動向>
内容はメンバーによる相互討論、導入は中川がおこないます。

日程は、10月21日土曜日、第一部は午後2時~3時、表現塾の位置づけ。
第二部は<現代アートと写真の現在、その動向>をテーマにしての勉強会です。

フォトハウス表現塾は、月一回、テーマを設けて、勉強会を開催の予定です。
参加費は維持費として、一般1000円、会員500円を徴収します。

プレ開塾は来春3月まで、4月以降は別途開催要領を作って、開催する予定です。
なおフォトハウス表現塾、尼崎における開塾は、当面のメイン講座です。
来春、京都では、個人レッスン形式の、写真講座を開塾する話をすすめています。

◎開催場所のご案内
〒660-0892 兵庫県尼崎市東難波町3-18-8
オルタナティブスペース「アルナイル」
アクセス:阪急塚口から市営バス13番系統「東難波町3丁目」で下車
:阪神尼崎から市営バス15番系統または31番系統「東難波町3丁目」で下車
※「アルナイル」は写真批評と作家、杉あつよさんが管理のスペースです。
posted by nakagawa at 10:33京都 ☁Comment(0)表現塾