2017年11月12日

フォトハウス表現塾blogです

120hana1711120011.jpg
フォトハウス表現研究所のホームページ
ブログの名前を表記の「フォトハウス表現塾blog」と変えました。
来春には開塾させる「フォトハウス表現塾/写真講座」の広報として使います。
別のブログに「カフェ&プレス」というタイトルで、2002年だから15年前ですね。
当時の文章をいま中味を点検しながら、載せています。
その時は「フォトハウス表現塾」という名称はまだ使っていなくて「塾」でした。
カフェ&プレスのなかに様々な塾を創るという計画案でした。
計画で終わって、のちに京都写真学校となる学びの場が開校したところです。
フォトハウスの名称は1984年に使いだして、フォトハウス京都と変えてきました。
いまは「フォトハウス表現研究所」が、いまのところ大きな枠組みです。
組織がどうこうということではなく、本質は、いかに中味を整えるか、です。
そのためのメンバーを募集していますが、うまくいっていないのが現状です。
気長に頑張るといっても、もう老人だから、このことを自覚しないといけません。
もう少し頑張ってみようと思います。
フォトハウス表現塾のホームページ
posted by nakagawa at 17:43| 京都 ☀| Comment(0) | 表現塾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月14日

フォトハウス表現塾が開塾します

120osaka1707290011.jpg

フォトハウス表現塾が開塾します。

2017年10月21日(土)
午後2時~午後5時
開塾場所は
兵庫県尼崎市
「アルナイル」 alnair
参加費1000円
研究テーマは「現代アートと写真の現在、その動向」です。

開塾は毎月第三土曜日、午後2時~5時を予定しています。
只今、表現塾の運営を担うメンバーも募集しています。
主宰は中川繁夫です pressnakagawa@yahoo.co.jp

https://www.facebook.com/sense.nakagawa
この記事をフェースブックに連動させているので応募は☝ここから。
内容詳細は、別途、記事にしています。
フォトハウス表現研究所HP
posted by nakagawa at 10:13| 京都 ☁| Comment(0) | 表現塾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月17日

フォトハウス表現塾の開塾です-2-

120osaka1707290010.jpg

フォトハウス表現研究所のホームページ

フォトハウス表現塾がプレ開塾します。
2017年10月21日(土) 午後2時~午後5時
開塾場所は
兵庫県尼崎市
「アルナイル」 alnair
参加費、一般1000円、会員500円を徴収します。
討議テーマは「現代アートと写真の現在、その動向」です。
以下、討議テーマの予定です
「コンポラ展の時代1960年代から、そして今」 2017.11
「プロヴォーグの時代1970年代から、そして今」 2017.12
「柄谷行人著「日本近代文学の起源」を読む」 2018.1
「東松照明の軌跡とその周辺」 2018.2
「関西の写真史、1950年代以降、そして今」 2018.3

2017.10~2018.3までは、プレ開塾期間とします。
毎月第三土曜日、午後2時~5時を予定しています。
正式開塾は2018年4月を予定しています。
只今、表現塾の運営を担うメンバーを募集しています。
主宰は中川繁夫です

https://www.facebook.com/sense.nakagawa
この記事をフェースブックに連動させているので応募は☝ここから。
posted by nakagawa at 16:24| 京都 ☁| Comment(0) | 表現塾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月15日

フォトハウス表現塾の開塾です

120osaka1707290015.jpg
フォトハウス表現研究所のホームページ
フォトハウス表現研究所が主宰する<フォトハウス表現塾>の開塾予定です。
この10月21日(土)に、尼崎市においてプレ開塾します。
テーマは<現代アートと写真の現在、その動向>
内容はメンバーによる相互討論、導入は中川がおこないます。

日程は、10月21日土曜日、第一部は午後2時~3時、表現塾の位置づけ。
第二部は<現代アートと写真の現在、その動向>をテーマにしての勉強会です。

フォトハウス表現塾は、月一回、テーマを設けて、勉強会を開催の予定です。
参加費は維持費として、一般1000円、会員500円を徴収します。

プレ開塾は来春3月まで、4月以降は別途開催要領を作って、開催する予定です。
なおフォトハウス表現塾、尼崎における開塾は、当面のメイン講座です。
来春、京都では、個人レッスン形式の、写真講座を開塾する話をすすめています。
posted by nakagawa at 10:33| 京都 ☁| Comment(0) | 表現塾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月01日

表現塾について-1-

120yama1707110022.jpg
 フォトハウス表現塾の、その内容について、あれこれと考えているところです。メモをとる要領で、いろいろと文章を書いて、自分自身で読みかえしてみて、積み上げていく公開生成の方法を取っています。
 表現の方法をジャンルに分けるというのもいかがなものかと思いながら、枠組みとして5つのジャンルに分けています。絵画、写真、映画、音楽、文章、とこの5つの分野です。
 ジャンルに分けたからジャンルごとに塾を作るという縦割りではなくて、融合させていくということです。塾生になった人が、それぞれに専門となっていく分野、あるいはすでに専門としている分野があれば、その裾野をひろげて、トータルに捉えていく。ここにある5分野は、表現の方法であり、ツールとなるものですが。
 絵画と写真はおたがいに平面構成で、歴史的に見ても絵画があって、カメラの考案により写真が生まれてきます。写真は静止画で、それを連続させると映画になります。映画になることで、音楽要素と文章要素を組み入れることになりますが、先行して舞台芸術の流れが背景にあります。というように相互に関連しながら、芸術の分野を構成していると考えます。
 各ジャンルにおいても、それぞれに現わす方法が多々あって、絵画なら絵具とかの材料から、なにを描くのかという描かれるモノの意味を問うことも必要だし、静止画としての絵画から、立体としてのインスタレーションまでを含むと、視覚表現の(カメラを使わない部分の)すべて、といえるのかも知れません。
 写真と映画と音楽と文章、これらも様々に組み合わされ、現わされることになる現在です。
 表現とは何か、表現することとは、何を意味するのか。わかったようでわかりにくいこの問いに、問うことの無意味さを持ち出さないで、いちおう、考察してみる。
(続く)
posted by nakagawa at 16:45| 京都 ☁| Comment(0) | 表現塾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする