2018年12月30日

フォトハウス表現塾のこと-1-

_20181227_142546.JPG
​みなさま、いかがお過ごしですか。
いよいよ年の瀬、今日は12月30日です。
来年は亥の歳で、神社の招き看板にイノシシの絵がかかっています。
来年5月には、新しい天皇が誕生し元号がかわると報じられています。
さて、フォトハウス表現塾の開塾は今年4月でした。
一昨年からの企画がブラシアップされ、フォトハウス表現塾となっています。
フォトハウス表現塾は、表現者を育成するために組まれたプログラムです。
絵画や写真、映像や音楽、文学、といったツール別の塾が開講されリンクします。
現在は、今年4月に開塾した写真塾が具体的な形であります。
これは主宰者中川考案のカリキュラムで、写真を学ぶ塾です。
他のジャンルについては、インストラクターを公募中です。
インストラクターをやりたい人が出てきたら、その塾は実現します。
フォトハウス表現塾を企画運営するのは現代表現研究所です。
2004年に総合文化研究所を設立されましたが、それのバージョンアップです。
それは周辺のまだ価値が定まらない文化状況を価値化する装置でした。
現代表現研究所は、少し位相が変化していて、現代の暗部を明化させる作業です。
これまでの経験が生かされるかどうかは、今後にかかっています。
来年2019年には、内容を理解して参加されるメンバーが集まればベターです。


posted by nakagawa at 12:55| 京都 ☀| Comment(0) | フォトハウス表現塾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月27日

フォトハウス表現塾です

_20181222_222002.JPG
こんにちは、フォトハウス表現塾を主催しています中川シゲオです。
名前をシゲオとカタカナにしたのは、新たな枠組みで事を計るためです。
表現塾の枠組みを提起していますが、あまり反応がありません。
アートの領域、絵画、写真、映像、音楽、文学、この五領域を塾にする。
それぞれ独立したジャンルですが、基底は共通している、と思っています。
でも、まだ発足一年未満なので、ご理解いただけないのかも知れません。

来年には、1月から「フォト・ワークショップ」を開催したいと思います。
当面インストラクターは、中川シゲオがおこないます。
カフェ&プレスのときに、最初の時間をフォト・ワークショップにします。
その前段でイングリッシュ・ワークショップが行われる予定です。
少しは枠組みが出来つつあるのかなぁ、と思うところです。

お金はあまり介在させません。
その根拠は、金があれば何でもできる、ではない枠組みを考えています。
また、金の切れ目が縁の切れ目ではない、縁がつながっていくために。
今年は種まきの時だったと思って、来年には新芽が出てきますように。
お世話になった方々、お世話になっている方々、心より感謝いたします。

posted by nakagawa at 09:02| 京都 ☁| Comment(0) | フォトハウス表現塾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月07日

フォトハウス表現塾です


_20181201_163638.JPG
フォトハウス表現塾は、学ぶ場を提供していこうとしています。
この<学ぶ場>について、学校教育や学習塾や専門塾があります。
フォトハウス表現塾は、専門塾、学び場です。
知識を詰め込む塾ではなくて、生き方を考える、自分の生き方を得る。
その大きな目標をベースにして、個別に知識とスキルを得ていきます。
現在は、絵画、写真、映像、音楽、文学、この五つの分野を表記しています。
わかりやすくジャンル分けしていますが、それらを横断的に学ぶシステムです。
まだまだ始まったばかりで、各ジャンルを担う人を探しているところです。
興味を感じられたら、カフェ&プレスを設けているので、来てくださいね。
また、内容について、書いていきます。
posted by nakagawa at 11:45| 京都 ☁| Comment(0) | フォトハウス表現塾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月13日

フォトハウス表現塾のこと

_20181006_172831.JPG
こんにちは、フォトハウス表現塾を運営している中川です。
この二年間の雑感を記してみたいと思います。
2016年、一昨年の秋に新しい枠組みで「学びの場」を創ろうと思いました。
これまで経験してきた学びの枠組みを継承しながら、今の年代のテーマで学ぶ。
作家や批評家をめざす人には必須の条件を学び合っていこうという枠組みです。
紆余曲折して、現在は京都を拠点にして、いくつかの枠組みをリンクさせています。
拠点は、アマノコーヒーロースターズの店舗の中のデスクです。
天野さんの好意によってコーヒー飲むだけで数時間、場所を使わせてもらいます。
現代表現研究所が主宰するフォトハウス表現塾ですが、所在地を此処にしています。
フォトハウス表現塾は学びの場で、現在は写真のことを学ぶ塾があります。
有料で運営する写真学校だといえばわかりやすいかと思います。
月例で開催しているのは「カフェ&プレス」と「フォトクラブ京都」です。
こちらは経費ゼロ、コーヒー代だけで「学べる場」です。
カフェ&プレスが2018.4から、フォトクラブ京都が2018.9からが始まりです。
少しづつ人が集まってきているのかなぁ、と思うところです。
閉鎖的なことはしません、すべて開放ですから、リンクしてほしいと思っています。
共生、共有、反グローバル化です、ローカル化です、よろしくお願いします。


posted by nakagawa at 13:26| 京都 ☁| Comment(0) | フォトハウス表現塾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月08日

フォトハウス表現塾メイン講座です

120osaka1707290010.jpg
フォトハウス表現塾のHPです

「フォトハウス表現塾/メイン講座」2018年3月の開塾案内です。
参加される方、予約をお願いします。
日時、2018年3月17日(土)午後2時~午後5時
開塾場所は、兵庫県尼崎市の「アルナイル」 alnair(写真の場所)
参加費1000円、会員500円(フォトハウス表現研究所会員)
研究テーマは「関西の写真史、1950年代以降、そして今」です。
方法は読書会形式で相互意見交換でおこないます。
基調報告は中川繁夫が行います。
https://www.facebook.com/sense.nakagawa
メール pressnakagawa@yahoo.co.jp

昨年10月から全六回の企画で実施してきた講座でしたがこの3月で終わります。
4月以降はワールドカフェ形式で、定例会を開催しようと考えています。
場所は未定ですが、毎月第三土曜日PM2:00~、京都にて実施する計画です。
posted by nakagawa at 15:40| 京都 ☔| Comment(0) | フォトハウス表現塾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月28日

メイン講座の3月開塾案内です

120kyuku1710210011.jpg
フォトハウス表現塾HP
「フォトハウス表現塾/メイン講座」2018年3月の開塾案内です。
参加される方、予約をお願いします。
日時、2018年3月17日(土)午後2時~午後5時
開塾場所は、兵庫県尼崎市の「アルナイル」 alnair
参加費1000円、会員500円(フォトハウス表現研究所会員)
研究テーマは「関西の写真史、1950年代以降、そして今」です。
方法は読書会形式で相互意見交換でおこないます。
基調報告は中川繁夫が行います。
https://www.facebook.com/sense.nakagawa
メール pressnakagawa@yahoo.co.jp
posted by nakagawa at 12:15| 京都 | Comment(0) | フォトハウス表現塾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする