2018年03月16日

こちらは表現塾-2-

_20180303_210329 (1).JPG
掲載の写真は糺の森で開催された「森の手づくり市」あかつき写房の店先です。
手づくりの時代になった、というのは、レディメード大量生産の時代の産物です。
もともと「手づくり」だったわけですが、文明という名のもとに反故にされてきた。
ところが、大量生産、量販店、食のチェーン店化、などきりがありませんが。
手づくり感、生産する人と消費する人が対面する、親密感、共同体、共有化。
個人の、個人が、大切にされる時代を取り戻す、そういう流れがあるんです。
掲載の写真ブースでは、手づくり写真を販売する「あかつき写房」です。
いいかわるいかはそれぞれの判断ですが、手づくり感あふれる商品つくりです。
ポジで撮ったフィルムをパックにして販売、ポジだから一点のみ、です。
写真の進化の歴史に逆行する作業だけど、それを今の心に求めることでもある。
なかなか、若い写真人は、発想が豊かだ、と思える人は、資本に毒されていない人。
フォトハウス表現研究所が求める方向は、その方向です。
表現塾は、そのことを実現するために編まれる、講座にしたいと考えています。
フォトハウス表現塾のHPです

posted by nakagawa at 17:57| 京都 ☔| Comment(0) | こちらは表現塾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月12日

こちらは表現塾-1-

_20180312_142155.JPG
ブログのタイトルを<こちらは表現塾>に変えました。
というのも、フォトハウス表現塾のことだけじゃなくて幅広く開放するために。
表現ということが論の中心にしようとは思っていますけど。
フォトハウス表現塾の広報として使っていたブログでしたが、そのほか諸々。
ときの流れに身をまかせ、なりゆくままに興味が移っていくので、それに合わせる。
ということで、発車オオライ、進めていきます。
特に<体験的写真史>とかを継続したいと思っています。
ご愛読の方、よろしくお願いいたします。
posted by nakagawa at 18:30| 京都 | Comment(0) | こちらは表現塾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月08日

フォトハウス表現塾メイン講座です

120osaka1707290010.jpg
フォトハウス表現塾のHPです

「フォトハウス表現塾/メイン講座」2018年3月の開塾案内です。
参加される方、予約をお願いします。
日時、2018年3月17日(土)午後2時~午後5時
開塾場所は、兵庫県尼崎市の「アルナイル」 alnair(写真の場所)
参加費1000円、会員500円(フォトハウス表現研究所会員)
研究テーマは「関西の写真史、1950年代以降、そして今」です。
方法は読書会形式で相互意見交換でおこないます。
基調報告は中川繁夫が行います。
https://www.facebook.com/sense.nakagawa
メール pressnakagawa@yahoo.co.jp

昨年10月から全六回の企画で実施してきた講座でしたがこの3月で終わります。
4月以降はワールドカフェ形式で、定例会を開催しようと考えています。
場所は未定ですが、毎月第三土曜日PM2:00~、京都にて実施する計画です。
posted by nakagawa at 15:40| 京都 ☔| Comment(0) | フォトハウス表現塾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月03日

フォトハウス表現塾/写真講座です

_20180203_180800.JPG
フォトハウス表現塾の写真講座が始まっています。
講座のレッスンは個別に対応しますので、いつからでも始められます。
写真はフォトグラフ、静止画で作成する表現の方法です。
道具にはカメラを使います。
かってはフィルムを使っていましたが、いまはデジタルです。
大型カメラや一眼レフカメラを使っていましたが、いまはスマホでOKです。
写真のことを学ぶ入り口は、いろいろな門があるので、どこから入るかです。
そのことは面談で、希望をききながら、アドバイスする方法をとっています。
必要なことだけ学ぶレッスンと、ステップアップで学ぶレッスンがあります。
ワンレッスン3000円で、一年間ステップアップで学んでも74000円です。
受講相談を受け付けています、お気軽にお問合せください。

興味を持たれたかた、お問合せください。
https://www.facebook.com/sense.nakagawa
https://www.facebook.com/photohousehyogenjyuku/
レッスン内容など詳細はホームページを参考してください。
受講していただく場所は、京都市北区で北大路堀川から北へ歩いて五分。
美味しいコーヒー豆を提供しておられる「アマノコーヒーロースターズ」さんの店内です。
連絡はアマノコーヒーロースターズへ電話、中川へはメールでお願いします。
Tel&Fax(075)491-6776  mail:pressnakagawa@yahoo.co.jp
posted by nakagawa at 12:05| 京都 | Comment(0) | 表現塾/写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月28日

メイン講座の3月開塾案内です

120kyuku1710210011.jpg
フォトハウス表現塾HP
「フォトハウス表現塾/メイン講座」2018年3月の開塾案内です。
参加される方、予約をお願いします。
日時、2018年3月17日(土)午後2時~午後5時
開塾場所は、兵庫県尼崎市の「アルナイル」 alnair
参加費1000円、会員500円(フォトハウス表現研究所会員)
研究テーマは「関西の写真史、1950年代以降、そして今」です。
方法は読書会形式で相互意見交換でおこないます。
基調報告は中川繁夫が行います。
https://www.facebook.com/sense.nakagawa
メール pressnakagawa@yahoo.co.jp
posted by nakagawa at 12:15| 京都 | Comment(0) | フォトハウス表現塾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月21日

表現塾のプログラム

_20180221_142454.JPG
フォトハウス表現塾のHP
フォトハウス表現塾をオーソライズさせてから丁度一年が過ぎます。
特別に、新しいことが起こったわけではなく、これまでのバリエーションです。
その表現塾のまえには、表現研究所、フォトハウス表現研究所を名乗りました。
かってフォトハウスには、三千冊を超える写真集や写真論集を保有していました。
フォトハウス資料室として公開しておりましたが、写真図書館になりました。
現在、ほとんどの資料を、そちらの方へ移管しているので、手元の資料は少しだけ。
本質を極める、社会の底辺に流れている出来事の本質を見つめる。
このことを突き詰めていく必要がるとの考えで、表現研究所と表現塾があります。
表面の流行だけを追っていても、そこからなにが生み出せるというのだろうか。
流行を追うのではなく、流行をつくる、その素地を見つめ創出するのです。
表現塾のプログラムは、そのへんに基軸をおいて、展開していこうとしています。

フォトハウス表現塾のHP
文学同人<翔・翔>のメンバーを募っています。
写真のレッスン受講を希望される方を募集しています。
フォトハウス表現研究所、ともに活動できるメンバーを募集しています。

posted by nakagawa at 18:49| 京都 ☁| Comment(0) | フォトハウス表現塾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする